• ホーム
  • 避妊の責任は男性?女性?

避妊の責任は男性?女性?

薬を飲んでいる女性

タイトルの結果ら言えば、避妊の責任はどちらにもあります。
というのも、どちらか一方にある、という考え方はフェアではありません。
性行為をパートナーと行う場合は、双方の合意が必要です。性行為をしましょう、と決めたにも関わらず避妊をしないことは双方に責任があります。
中にはコンドームの様な避妊具を使用することを嫌がり、性交渉の時にコンドームを付けない男性もいるでしょう。
その場合は男性に責任があるのでは、と思うかもしれませんが、妊娠を望んでいないならば拒否したり、ピルの様な避妊薬を使用しておくことも大切です。
また極論かもしれませんが、避妊をせず、自分の快楽を先行してしまう人とは別れることも必要です。
仮に妊娠をしても出産することが可能ならば良いかもしれませんが、中絶を選択する場合は、身体にも心にも大きな傷を負うのは女性なのです。
妊娠をせず気持ちよくなるだけの男性には想像しにくく、避妊を嫌がる人もいるかもしれませんが、女性にとっては自分を守るための大切な行為です。
それを理解してる男性ならば相手を思い避妊をしますし、それを理解できている女性ならば相手任せにはしないでしょう。
しかし現実にはどうしても男性主体になりがちです。
性行為を行う時に、避妊の話しをしずらいのであれば、普段の何気ない時に話し合ったり、婦人科に行きピルを処方してもらうことも方法の1つです。
また家族計画として家族を増やさないことを決めたのであれば、男性側がパイプカットをすることも方法としてあります。
何も女性だけが手段を取る必要はありません。
いずれにせよ、お互いにとって何が最もベストな方法なのかをパートナーと相談することが重要なポイントなのではないでしょうか。