• ホーム
  • 植物性ステロイドの発見と経口避妊薬と日本での歴史

植物性ステロイドの発見と経口避妊薬と日本での歴史

考えている女性

経口避妊薬の始まりは、20世紀の始まりに発見されたステロイド系女性ホルモンです。
ステロイドホルモンは、ステロイド骨格と呼ばれる構造を持ったホルモンで、副腎皮質、精巣、卵巣、胎盤から産生されます。
発見されたホルモンは、卵巣で産生された女性ホルモンです。
1922年にはドイツで排卵を妨げる注射用避妊薬が開発されて、ウサギを使った実験に成功しました。
1951年にはメキシコの化学者が、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの複製に成功し、ピルの実現性を高めました。
1955年、アメリカで世界初のピルが開発され、1960年に経口避妊薬としての認可がされました。
女性が自分の意思で避妊できると反響を呼びましたが、エストロゲンの含有量が多い高用量ピルだったため、胃腸障害や血栓症のリスクがあり、問題視されました。
そこで、エストロゲンの含有量を50㎍未満にするように勧告がなされ、1970年代に低用量ピルが開発、販売されました。
低用量ピルは欧米で急速に広がりましたが、喫煙者の心筋梗塞が大きく報道されたことから、1970年代半ばに普及率が低下しました。
日本で高用量ピルが発売されたのは1957年で、低用量ピルの認可は世界から遅れて1999年です。
申請してから9年越しの解禁で、その間に、ピルは副作用が怖いというイメージが広がってしまいました。
中高用量ピルはエストロゲンの量も多く、副作用が強いケースが少なくありませんが、低用量ピルでは副作用は少なくなっていますので、安心して使えます。
血栓症のリスクに関しては、35歳以上で1日15本以上の喫煙者は処方されないなど、受診の際の問診や検査をきちんと受ければ、心配ありません。

サイト内検索
人気記事一覧